包茎 先細り

包茎の実害、先細りを回避するための方法とは・・・?

 

生物は住処に合わせて体のサイズを変える
という話をよく聞きますよね。

 

魚は水槽のサイズに合わせて
身体が大きくなり、
そこで快適な生活が送れるサイズで留まり、、
それ以上成長しないようです。

 

また、圧迫されている状態でも
同じように成長が遅れたり、
止まってしまったりするようですね。

 

昔の日本人の体形が、
胴が長く、足が短いのは、
正座をして脚が圧迫されていた事が
要因の一つだという説もあるようです。

 

実際、家具や家の作りが欧米化され、
脚があまり圧迫されない状況が出来てから
日本人でも、手足が長くてスラっとした
体形の人が増えてきましたよね。

 

包茎に関しても
同じ理屈が当てはまる様です。

 

というのも、重度の包茎になると、
常時皮で先端が覆われている状態になり、
これが先端の成長に悪い影響が出るというのです。

 

どの様な影響が出るか、
もうお分かりですよね。皮で圧迫されることにより、
大きくならずに先細りの状態になってしまうようです。

 

この状態はどうやったら回避できるのか、
どんな方法が考えられるのか、
調べてみました。

 

 

包茎だとどうして先細りになるのか。

 

圧迫されるからと一言でいっても、
なんで圧迫されると成長が阻害されるのか。
その理屈がわからないと、
どうして良いかも分からないですよね。

 

ものすごく簡単に行ってしまうとですね、

 

 

 

 

 

血液が巡りにくいから。

 

 

 

 

 

なんですよね。
例えば、自分の左手の人差し指を、
右手でぎゅう!っと握ると、
圧迫されて血流が止まってしまいますよね。

 

 

そこまで極端ではないにしろ、
皮に覆われて窮屈な状態になっている包茎は、
常時圧迫されていて、血液の流れが
悪くなっていると言われています。

 

では、血液の流れが悪いと、
なんで成長が遅くなるのか。

 

ということなのですが、これはすごく簡単です。
食べ物などで摂取した栄養というのは、
血液によって体中に運ばれるからなんですね。

 

 

 

もちろん栄養の摂取量によっても変わるのですが、

 

 

スポーツ選手と、あまり運動をしない人がいたとしますよね?

 

 

同じ年齢だとして、平均的にみても、

 

 

体が大きいのは明らかにスポーツ選手ですよね?

 

 

 

なので、摂取する栄養の量によっても
変わるのですが、血液の巡りが悪い箇所や、
運動などで体を動かすことが少ない人が
小さいのは、こういった理由が原因だったわけです。

 

 

血流をよくするにはどうしたらいいのか。

 

じゃぁ、血液の流れが良くなれば、
成長は促進されやすくなるということか!
どうやったら血液の流れが良くなるのだろう?

 

当然そう考えますよね。
先にも少し答えを出しましたが、
血液を流れやすくするには、
その部位を稼働させることが一番効果的ではあります。

 

肩こりがひどかったら、
肩をぐるぐる回したりしますよね?
あれは肩を動かすことで、滞っている血流を
流れるようにするためです。

 

なるほど・・・。では、アソコに
血液が流れるようにすればいいのか!
常時勃起していれば、常に血流が良いぞ!

 

確かにそりゃそうなのですが・・・^^;
常に股間が膨らんでいる人なんて、
完全に変態じゃないですか(笑)

 

下手したら警察のご厄介になってしまう可能性だって
考えられますし、そこまでの事にならないにしても、
人様から何を言われるかわかったものじゃありません^^;

 

 

そんなリスクを負って男性器の先細りを回避できたとしても、
また別の問題で日陰の存在になってしまう可能性が高いでしょう・・・。
代償があまりにも大きすぎるので止めておきましょう(笑)

 

そんな効率の悪い事をしなくても、
根本的に解決する方法があります。

 

先端を覆っている皮を剥いてしまう
という方法ですね。

 

でも、自分で剥いてしまうという方法は、
絶対に取らないでください。

 

重度の包茎の場合、
皮の穴が男性気の直径より小さい場合もあるため、
強引なやり方で剥いてしまうと、
元に戻せなくなるどころか、
先端の根元を圧迫して、
確実に血流を止めてしまう可能性があります。

 

包茎に関して少しでも調べたことがある人、
カントン包茎というワードを
聞いた事があると思いますが、
これがその状態というわけですね。

 

血流を良くしようとしているのに、
逆に血液の流れをさらに悪くしてしまうという、
本末転倒な事になりかねません。

 

そして、完全に血流が止まるという事は、
うっ血という状態になり、
血液が巡らないことで徐々に細胞が死んでいく、
壊死という状態になってしまいます。

 

このような状態になったら先細りなどと
言っている場合ではありません。

 

自分の包茎の状態がよく分からない場合、
無理に先端を露出させる行為は、
絶対に避けましょう。
取り返しの付かない状態になってしまいます。

 

 

まずは専門医に相談しましょう。

 

男性器の先細りを回避するための確実な方法は、
包茎を治すことです。

 

包茎は、先細り以外にも
様々な実害がでてきます。

 

ぼくも真性包茎の手術を行ったことで、
先細りの不安はもちろん、
衛生面、臭いの心配や、
男としては重要な見た目の問題も
一気に解決できました。

 

安全に包茎を治すには、
まずは専門のクリニックに
行くことをおすすめします。

 

ぼくはABCクリニックという病院で
包茎治療を行ったのですが、
事前にこのクリニックで無料カウンセリングを
受けました。

 

自分自身の包茎の症状をや
手術の事、手術に必要な費用、
術後の話など、気になる事は全部聞いて、
さらに、他のクリニックとの比較をするために、
他のクリニックの無料相談も受けてきました。

 

 

複数の病院で話を聞くことで、
自分に一番あった病院を選べるのが、
無料相談の利点だと思います。

 

今はどこの大半の病院で無料相談を行っているので、
気軽に話を聞きに行ってみるといいでしょう。

 

その上で、納得できる病院で
手術を行う様にしましょう。

 

ABCクリニックは他の病院で意見を聞くことも
推奨しているので、一番最初に行くには
とても相談しやすいクリニックだと思います。

 

 

まず、ABCクリニックの無料カウンセリングから
気になる事を聞いてみたらいいかと思います。

 

包茎に関する様々な悩み。
先細りに限らず、見た目の事や、
衛生面の事など、悩んでいるならまず行動です^^

 

下のボタンからABCクリニックの公式ページの
オンライン予約へ飛ぶことが出来ますので、
自分の都合の良い日に予約を入れてみましょう!
絶対におすすめです!